ノンナノ日焼け止めおすすめランキング|ナノ粒子を配合していないUVカット

ナノ原料を使用した日焼け止めの肌への影響とは?

活性酸素を放出し肌へダメージ

紫外線散乱剤として使用される酸化チタン・酸化亜鉛・酸化鉄はナノ化すると、活性酸素を放出するといわれています。活性酸素は肌を老化させてしまうので、しわやシミなどを引き起こしやすくなります。紫外線のダメージを防いだとしても、活性酸素によってシミができやすくなってしまっては意味がないので、注意が必要です。

真皮まで到達してしまうことでアレルギーを発症

成分をナノ化して配合することで、角質層だけでなく、真皮にまで浸透してしまう場合があります。真皮の下は臓器と呼ばれる部分なので、下手をすると血液にまで侵入してしまう可能性も否定できません。日焼け止めの成分の中にはアレルギー成分が配合されていることもあるので、ナノ化成分が浸透してしまうのは決して良いとはいえません。

消えないくすみになってしまうことも

酸化チタンなどの天然ミネラルがナノ化されていると、真皮に浸透し、そこに定着してしまう可能性があります。真皮に到達したミネラルはメラニンと同じように縦にどんどん蓄積していくと、顔全体がくすんだように見えてしまいます。メラニンのように自然に生成されたものではないので、なかなか排出されずに消えないままくすみとして残ってしまう可能性もあります。

やっぱり日焼け止めはノンナノを選ぶべき!

このように、ナノ化原料を使用した日焼け止めは様々な悪影響を肌に及ぼしてしまうので、できる限り使用しないことをお勧めします。最近ではノンナノでも白浮きしない日焼け止めもありますので、次のランキングを参考にして、ぜひお気に入りの日焼け止めを見つけてください。